カレンダー

<< 2017/11 >>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

カニメガ

 カニメガ
wanakio2008 作品完成まで。

カニメガは那覇市真嘉比で作品の制作・展示をします。
発展が著しい真嘉比には空き地がたくさんあります。
その空き地に生えているセンダングサを使って絵を描きます。

wanakio 提出ポスター

wanakio_a2.gif
作品の流れがわかります。

wanakio ホームページ

真嘉比の周辺地図

真嘉比自治会館前公園跡地%%http://maps.google.co.jp/maps?q=26.224495,127.701880+(%E7%9C%9F%E5%98%89%E6%AF%94%E8%87%AA%E6%B2%BB%E4%BC%9A%E5%89%8D)&hl=ja&ie=UTF8&z=15.5%%26.224495%%127.701880%%15.5

公園にユンボ上陸

メールはこちら
sdg@kanimega.com

ブログ内検索

QRコード

QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作家選出発表
夕方、やきもきしながらメールをチェックすると
なんと選出されてました!

この一ヶ月、
ゼミ、リサーチ、相談、プレゼン・・と
頑張ったかいがあった。

うれしいです。

でも、これからが本番。
さらにがんばるぞ。

ちなみに県内の選出作家は7組。
上原耕生 
カクマクシャカ 
カニメガ
小橋川啓・戸ケ瀬哲平
ダニエルロペス・ザビエムラン
津波博美
山里紗葉
です。

スポンサーサイト
エントリー作家公開プロポーザル
presentation.jpg

クリックすると別のウィンドウが開き、
さらにクリックをすると次の画面に進みます。
QuickTime です。
実際のプレゼンとはちょっと変えてあります。

センダングサの説明。
プロジェクトの流れ。
真嘉比の説明。綱引きなど。
お茶。
習作。
という感じ。

めちゃめちゃに緊張した。

お昼の二時から夜の八時すぎまで、17組が発表した。

プレゼン終わりの休憩で言葉をもらう。
・真嘉比という場所が作品に反映するか。
・いろんなことがいろんな場所でできそうだが、
 逆に散漫にならないか。
・伝えたい事を明確にしたほうがいいのではないか。
などなど。

やはり。。それは感じていたことではあるが。。

しかし、今の段階ではこれくらいでいいのではないかという言葉ももらう。
これから作業してく際にプランを煮詰めていければと思う(通ればね。)




前回、質問があったセンダングサ茶の効能について。

調べてみても、ぼんやりとした効能しか書いてなかったが、
血圧を下げる。
抗酸化作用がある。
など。

興味があったのは
農作物害虫退治の成分が抽出されたという記事。
プラン提出
A2のポスターとA4の説明用紙。

wanakio_a2.gif

A2ポスターはこんな感じ。
内容的には前回の相談会とあまり変わってない。。

八時〆切のところ、ギリギリ七時すぎに持って行った。
提出後、ウークイなので親戚の家へ。
エントリー作家 プラン持ちより相談会
「センダングサで大きな絵を描くプラン(仮)」
として話した。

プリントアウトした紙をもっていったが、ほとんどのエントリー作家はプロジェクターを使っていた。
あせって、休憩中に5部コピーをとり、それをくばる。
せめてPDFをもっていけばよかったと後悔。

1枚目
センダングサの説明。

2枚目
作品の流れ。ワークショッププラン。

3枚目
制作場所・展示場所
どこにでも生えている雑草なので、どこでも制作できる。
近くに空き地などがあればなお良い。
子供たちの集まる場所。
学校のそばの商店。
空き地。
公園。

4枚目
真嘉比の話。

5枚目
自治会長さんの話綱引きの話。

6枚目
ピンデス・ピローサの話。

7枚目
お茶の話。

8枚目
習作 -ナイキの靴下- -那覇タワー-

といった感じ。
なかなか好感触。
お茶の効能について質問された。
ちゃんと調べよう。。。



2枚目のワークショッププラン
プラン1
センダングサで遊ぼう。
種を投げあう。
ダーツ。

プラン2
センダングサたんけん隊。
センダングサが生えているポイントをスタンプラリー。

プラン3
空き地で遊ぼう。
センダングサが生えている空き地などで昔遊び。
めんこなど。

センダングサの特徴などを紙芝居で説明。
センダングサのお茶やお菓子を楽しむ。
最後には体に付いた種をきれいにとって提供してもらう。

ハンドタオルなどに小さい絵を描いてもらってもいい。
中央分離帯を歩く。
草刈りボランティア。


センダングサ案
くっつき虫といわれるセンダングサ科の植物の種を使うプラン。
まず種を集める。
センダングサが咲き乱れている空き地などで遊ぶ。
こどもたちとワークショップ形式にする。
センダングサのお茶などを飲む。
服にくっついた種を集める。
それとはべつに、服についた種を持って来てもらう。
お茶などをサービス。
種で絵を描く。
フェルト・タオル生地などの毛足が長い布などにくっつける。
その作業はカニメガがやる。
2.3ヶ月かけて大きいのを描く。
それと平行して種を集める。
展示。
その絵を埋める。
花が咲く。
種を集める。
描く。
埋める。

というもの。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。